日本タイトル挑戦者決定戦



10最強後楽園
なんの前情報ないままに観戦
岩佐亮佑に一目惚れ

その最強後楽園
日本タイトル挑戦者決定戦と名称変えて
しかも全階級やるらしい

良いね🎵

いろんな諸事情あるかもしれないけど
どうせチャンピオンカーニバルをダラダラと長い期間やるのなら

新しい日本タイトル挑戦者決定戦もダラダラと長くやるのも良いと思う

ミニマムからミドルまでの
13階級でやるのか
今はないヘビー級にランカー作ってヘビー級までの14階級やるのかわからんけど
※他の記事でミドル級までとのこと

3つくらいに別けても面白そうです

例えばミニマムからフライまでの3階級
1番世界を狙えそうな階級かな?

スーパーフライからフェザーまでの3階級

そしてスーパーフェザーから上

それを3期に別けても面白そうです


ともあれ
全階級開催は大賛成❕

他に気になる内容の記事↓↓↓↓↓↓↓ボクモバより



東日本ボクシング協会は17日、都内で定例理事会を開き、従来の日本王座挑戦者決定戦「最強後楽園」を全階級で行う「日本タイトル挑戦者決定戦」に発展させ、今年度から開催すると発表した。ただし、協会主催で行うのはフライ、バンタム、フェザー、ライト、ウェルターの5階級で日程は10月21日(土)。ほか8階級は上位者ジムが9月~12月の各イベントで行っていく。出場者は6月発表のランキング上位から声をかけ、7月のランキングで1位、2位を決定し、勝者は来年のチャンピオンカーニバルで王座に挑戦する。
これにより、指名期限も従来の9ヵ月から、当年度のチャンカンから翌年度のチャンカンまでの1年間に延長された。なお、チャンピオンが挑戦者決定戦前に王座を返上した場合、「日本タイトル挑戦者決定戦」のイベント内で王座決定戦を行うことも確認された。
 また、五輪ボクシングを国内統括する日本ボクシング連盟から通達のあった、日本プロボクシング協会主催の「U-15」に出場した選手に対し、アマチュア大会の資格を剥奪する件は、山根明会長とプロ協会の渡辺均会長が先日会談を行い、今年度に限っては資格を剥奪しないと決まった。来年度以降については今後、双方で連絡会議を定期的に開き協議していく方向で一致。渡辺会長は「なるべく共存の道を模索していきたい」と話した。
 ほか、東協会は長年の功績を称え、帝拳ジムの長野ハル(92)マネージャーを年間功労賞に推薦すると発表。東協会からの推薦は今回が初で、全日本に上程したうえで来年の年間表彰式で授与される。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply