市長が賭けマージャン 

市長が白昼麻雀だってよ(^_^;)

gd17553_.jpg

やるねぇ♪

この世間がうるさい中

やっちゃうんだね(^_^;)

「道義的責任はある」市長が賭けマージャン 平日昼に、副市長と 福岡県飯塚市

福岡県飯塚市の斉藤守史市長と田中秀哲副市長が平日昼に市庁舎を離れ、賭けマージャンを繰り返していたことが21日、分かった。西日本新聞の取材に対し、2人は「道義的責任はある」と認めた。賭け金は1日1万円程度という。副市長が第三者から市内の元店舗に出入りする画像を突きつけられて交渉を迫られ、飯塚署に相談していた。メンバーには来年4月に市施設の指定管理者となる事業者の社長も含まれていた。

 店は普段は営業しておらず、2人が来るときだけ開いていた。2人によると、市長は2006年に就任して以降、副市長も数年前から訪れていたという。

 市長と副市長は地方公務員法で規定される特別職で、勤務時間は決まっていない。斉藤市長は取材に対し「市長になってから行っていた。何回かは分からない。開庁中に(役所を)抜け出してマージャンをしていたのには道義的責任がある」と話した。田中副市長は平日午後の公務が入っていないとき、秘書に「昼から休む」と告げて行っていたという。「決裁が滞ることはなく、公務に支障はなかったが、道義的責任は残る」と話している。

 動いた金は1日で1人当たり1万円程度といい、2人とも「社会通念上、許される範囲」との認識で、指定管理者の会社社長とは以前からの知り合いと説明した。社長は取材に対し「指定の口利きをお願いしたことは一切ない」と話した。

 田中副市長は今年に入り、面識のない人物から店に出入りする画像を提示され「善後策を福岡市内のホテルで考えましょう」と迫られたため、飯塚署に相談していた。金銭的な要求などはなかったという。

 斉藤市長は地元食品メーカー社長から06年に初当選し、3期目。田中副市長は市財務部長などを経て10年から現職。

=2016/12/22付 西日本新聞朝刊=


しかし・・・・
せめて市役所閉まる5時15分過ぎからやれば
なんの問題もなかったろうに(^_^;)

以前赴任して他地域では
パチンコ大好きな町長がいたよ
でも、公務の時間帯はしなかったから
全く問題視されなかったよ
たぶん平日は、せめて役場閉まってから
土日・祝祭日も、きちんと公務を終えてから
完全にフリーなときに行ってたんだよね


俺、ギャンブルは嫌いじゃない
むしろ好きだけどマージャンはやらない
ありゃ閉店時間ないからブレーキがきかなくなる
かなり気になるし興味はあるんだけどね・・・・
でも・・・・
賭けないマージャン
金の動かないマージャンのどこが面白いのか
あるいは外でやるマージャンに、そんなルールが
存在するのか知らないけどね(^_^;)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply