FC2ブログ

面白い記事を見つけた♪「ボクサーに引き際の美学はない…傷つき、敗れてもあきらめない男たち 」

健康面を考えると賛否あるかも知れないけど・・・

スポニチより

20160301-00000099-spnannex-000-0-thumb.jpg


ボクサーに引き際の美学はない…傷つき、敗れてもあきらめない男たち

プロボクサーに「引き際の美学」という言葉は通用しない。実際に崖っ縁から頂点まではい上がった男を何人も見てきたからだ。その最たる例が、WBC世界スーパーバンタム級王座を7度防衛した西岡利晃氏だ。

 速いステップワークと左拳を武器に日本王者まで上り詰めた西岡氏は、20代中盤~後半で4度の世界挑戦に失敗。アキレス腱断裂などの不運にも見舞われたが、世界初挑戦から8年がたち王座奪取に成功した。ラスベガスでの海外防衛にも成功するなど引退までに偉大な足跡を残した。昨年末に3階級制覇した八重樫東も、どん底からはい上がった。14年12月に世界戦で2連続KO負けすると、控室では去就について質問する報道陣に「皆さんどう思います?」と問いかけたほどだ。

 一度諦めればゲームセット。だが、成功者は夢を諦めなかった。誰に何を言われようが、だ。昨年11月にラスベガスで最強挑戦者バルガスに敗れながら日米で年間最高試合に選ばれるなど評価を高めたWBC世界スーパーフェザー級前王者・三浦隆司にもWBA世界同級王者・内山高志にボコボコにされた過去がある。ボクサーは“ゾンビ”のように何度でも立ち上がり、光を求めるのだ。

 しかし、一体どこにゴールがあるのだろうか。プロはアマチュア選手のように五輪を一つの区切りにすることもできない。王者のままボクシングを引退する幸せ者は、もう出てこないだろう。世界王者のまま事故死した「永遠のチャンプ」WBA世界フライ級王者・大場政夫のように。負ければ引退なのか、次の試合が最後なのか、ボクシングの“魔物”に憑(つ)かれた男たちは、ひたすら勝利だけを信じてサンドバッグを叩き続ける。 (宗野 周介)


王者のまま引退したボクサーは徳山さんがいますね
徳山さんは川嶋さんに負け、世界戦以外でも負けてるようですが・・


ボクシングを生観戦していると涙が出そうになることがあります
世界王者でなくとも
日本や東洋太平洋のチャンピオンじゃなくとも
感動させるボクサーはたくさんいます

言わばいい年をして4回戦、6回戦を戦っている選手
負けが込んでもあきらめない選手
後楽園ホールでも、フードパル熊本でも、久留米でも
どの会場で観戦してもいます

素人が見たってチャンピオンにはほど遠いどころか
メインイベンターにも絶対になれないんじゃなかろうか?
と思わせる
それでも夢を追い戦ってます

本文はいわゆる成功者ばかりを書いてあります

アンダーカードの出るボクサーたちの戦いも
本文のタイトル
「ボクサーに引き際の美学はない…傷つき、敗れてもあきらめない男たち」
を思わせ感動させます

自分で出来ないことをやってるボクサーに感動するんでしょうか
涙腺やばくなるときが多い(^_^;)


長くなった(^_^;)
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply