FC2ブログ

この画で今年は〆です


格闘技観ながら📺❇️


来年もヨロシクです⤴️😀
スポンサーサイト



すぐる


今年も残り僅かとなった今日

自由に出入りする猫ちゃん🐱の通り道

外と家をつなぐ穴を埋めるべく

姫戸から 大工すぐる に来てもらいました

お茶休憩誘ったり☕

煙草休憩誘ったり🚬

夜まで掛かりました🌑😅💦

これで猫ちゃんは入れません🐱

アパートを出る日も計画出来ます😀

馴れて住みやすいアパートだけど😭家を守らないとね

スタイルトップ


昨夜はスタイルトップの忘年会✨🍻🎶に参加させていただきました😀

盛大でした⤴️😀🥊

あきらめた年賀状


この年末バタバタ😅💦

今さら年賀状書こうとしてます

が、大変なこと気づいた😮

去年の年賀状が見当たらない😅💦💦

引っ越しのバタバタで行方不明なんだろう😅💦

職場以外は諦めます😭

セコいようで絶対したくなかったけど

三が日のうち来た方のみ

書くことにした😭

ちょい二日酔い😅💦💦


昨日が仕事納め
事務所の先輩と飲みに出ました✨🍻🎶

楽しかった😀

それにしても初めてかも
地元に行ったのに
知り合いと1人もあわなかった

起きたら11時過ぎてた😅💦

どれ行動しよ🌀👕🛀🚙〰️

村上美香さん招き 新春講演会


驥第戟縺。蝠?キ・莨壹▲縺ヲ蠢吶@縺?沽?汳ヲ

諱ッ謚懊¢縺ェ縺?沽?汳ヲ懲

塵も積もれば山となる  コツコツと

無題20191226
Tポイント
ファミマが近くにないから
あまり貯まらない・・・

クイズに答えたり
コツコツと・・・

このしろ🐠


行きつけのスーパーで
このしろ発見🐠

やっぱ最高でしょ⤴️😀

クリボッチ😭


クリボッチ😭

親父の見舞いして帰宅🚙〰️

鶏肉焼いてみた🐓

少し焼けてないところがあった😅

レンジでチン

美味いよ🐓

🍺🍷🍶少しずつ飲むのさ😀

酸素カプセル

DSC_0872.jpg
昨日と一昨日と
2日連続で酸素カプセル

身体の調子良い感じ♪

八重樫残念😭


変なストップでの負け😭

やりきれないな

警察から電話が🚔☎️

昼2時過ぎ
警察から電話が🚔☎️

親父は
もうひとつ事故してたらしい

参ったね

村田、拳四朗、八重樫🥊


今夜はトリプル世界戦🥊

3人とも勝ってほしいね⤴️😀🥊

出費多難です😭



出費多難すぎ😭

レンジ故障(赤)
だいたい これは操作が複雑

新しいの買ってきた(白)
安い
操作もシンプル😀

新人王の不思議 スーパーウェルター級がない


写真は松永宏信選手
スーパーウェルター級の日本王者

なぜなんでしょう?
ボクシングの新人王
スーパーウェルター級は開催されない

なぜだろう❓😅

ボクシングの不思議

俺は12月23日 ロマゴンにも注目してる🥊


ノンタイトル8回戦だけど
ローマン・ゴンサレスの戦いに期待してる😀

ロマゴン
好きだなぁ😀
正直、井上より興味ある😀

集金

job_jushinryou_syukin.jpg
業務で一番苦手かも・・・・

夜に集金

ちょっと辛い・・・(^^;)

年中🍶


蜀ャ縺ッ
繧?▲縺ア譌・譛ャ驟挺沚カ

縺」縺ヲ菫コ
蟷エ荳ュ左譌・譛ャ驟堤?辯歴沚カ

涌井金銭トレード 楽天へ⚾


朝からビックリした😮

ロッテの
かつてのエース涌井
東北楽天に金銭トレードだって

こりゃロッテ首脳陣は
思いきった決断したね

もしかしたら来シーズン
ロッテは台風の目かもよ⚡🌀☔⚾

涌井も楽天で頑張ってほしいです⚾

12月23日


12月23日は
トリプル世界戦🥊
村田、拳四朗、八重樫
そしてロマゴンがノンタイトル

なんか盛り上がらない😭

フジテレビ
もうちょい頑張って👊😆🎵

協栄ジム

個人的には、非常に寂しいニュースが少し前に流れた

協栄ジムが活動休止

帝拳、大橋、ワタナベ
最近は、この3つのジムが世界チャンピオン
日本チャンピオンや地域タイトルホルダーをたくさん出してるけど
協栄ジムって凄いジムだった

最後の生粋の協栄から生まれた
世界チャンピオン
佐藤洋太選手も大好きな選手の一人だった

2代目って馬鹿にされてるけど
金平桂一郎会長の手腕って悪くない

B6E2CABFB2F1C4B9.jpg

揶揄する記事も多いけど
頑張ってほしいです

ボクシング一筋に!!!


今日見つけた記事

何ともみっともない協栄ジム休会、先代も泣いている


プロボクシングの名門協栄ジムが休会となった。オーナー側と金平桂一郎会長の金銭トラブルが原因。あまりに突然のこと。選手、スタッフには説明もなく、報道で知ったという。
アマチュアのジムとしては存続するが、プロ選手は宙に浮いた。しかも2人が2週間後に全日本新人王を控えていた。緊急対応で移籍が決まった。東日本協会会長の花形会長が手を差し伸べたのは救いだった。

金平会長は再開を目指すと言ったが、12年に大久保の自社ビルを売却前後から、閉鎖のうわさがくすぶっていた。経営難からオーナーと契約したが、その資金源がなくなった。

あまりにも無責任な行動に、協会も再開には厳しい条件をつけることで一致した。休会が5年続くと自動的に退会となる。このまま消滅する可能性が強い。

59年に金平ジムとして、現会長の父正紀氏が開いた。現役時は日本ランキング1位までいき、引退後はマネジャー。トンカツ屋を開き、バイト募集広告に「ボクシング教えます」の1行を加えた。これが国内最多となる13人の世界王者育成ジムの始まりになった。

応募したのが海老原博幸だったという。才能を見初めて、店を畳んでジムを開いた。その後は西城、具志堅、上原、渡嘉敷、鬼塚、勇利、ナザロフを育て、佐藤、坂田も死去後に世界を射止めた。

鬼塚、勇利時代によくジムへ通った。過去に対戦相手に薬物入りオレンジを食べさせたと、一時期追放されていた。怖いイメージだったが、なかなかユニークなやり手だった。

具志堅は拓大進学で上京も強引に入門させ、「100年に1人の天才」と売り出した。旧ソ連だった勇利とナザロフは輸入ボクサーとして最初の成功例。鬼塚は陥落翌日に網膜剥離を告白して引退した。水面下では次戦で辰吉と対戦させる計画が夢となり、とても残念がっていたのを思い出す。

5人の世界王者を生んだヨネクラジムは17年に閉鎖した。米倉会長が高齢などで55年目に幕を閉じた。協栄は今年61年目。昭和、平成とこの世界を支えた。先代もスキャンダルの人だったが、策士ぶりは誰もが認めた。今回の休会騒動は何ともみっともない。草葉の陰で泣いていることだろう。【河合香

じんわりとラジオ体操は効き目が出てくる

radio_taisou.jpg
平日朝からのラジオ体操

じんわりと効き目が出てくる


この前の土曜日

ちょっと前まで元気いっぱいだった先輩も

人吉で一緒だった

最近、五十肩が痛くて仕方ないとのこと

俺、全く痛くないわけではないけど

4月から以降 痛みがかなり和らいでる

ラジオ体操のおかげだと思う

少しずつ和らぐと信じてる♪

鍋🍲


莉雁、懊?骰愚沚イ
荳頑焔縺丞?譚・縺溟沁オ

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」  嘉納治五郎さん

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が終わった

20190501s00041000133000p_view.jpg

毎年、大河ドラマが終わると
「あぁー今年もわずかだねぇ」って思わされます

「いだてん」
個人的には近年で一番良かった

観る年と
観ない年とありますが

それは個人的な理由
例えば興味を持てる話なのか
最初の数回を観られるか
観られないときは全く観ないし
観る年は絶対に見逃さず観る

前から言ってるけど
NHKって視聴率を考えなくとも良いと思う

今回の「いだてん」って
視聴率は歴代ワーストだったらしい

だから何?って思う
確かに今回の「いだてん」
古今亭志ん生さんを中心とした
落語も織り交ぜた展開で
少々わかりにくいところもあった

でも金栗四三さんの生い立ちや
田端正治さんの存在
何よりも嘉納治五郎さんの活躍は
このドラマを見るまで深くは知りませんでした
最終回の
thumb-12284-498904-entame_l.jpg
このシーンは感動したなぁ・・・・

少々柔道に携わり
少しは
嘉納治五郎さんを知ってて
このドラマ見て益々思うことが

嘉納治五郎を札に起用するべきだ

俺、生きているうちに
そうなってほしい!!!

人吉で忘年会✨🍻🎶


昨夜は人吉で忘年会✨🍻🎶
やっぱり どうやってホテルまで帰ったかわかりません😵🌀
それにしても面白かった😀

創業塾


宇土市 創業塾なう📖👓

イルミネーション


宇土市民会館前

Number Webに良い記事見つけた  岩佐を以前から見てた人が書いたと思われる記事

moblog_d820dd76.jpg
勤務先の近くにあるボクシングジムに
仕事で行った
「岩佐やりましたね♪良かったですね♪」
もう4日も経ってるのに
俺の中では余韻が続いています♪
だから嬉しいねぇ♪

ところで昨日
Number Webで良い記事を見つけた

きっと以前から岩佐を見て
センスを見抜き
注目していた記者が書いたのだろうと思う

長いけど
全文載せる♪

「負けも将来に繋がる」という考え方は、スポーツ界にはびこる陳腐なクリシェ(決まり文句)に過ぎないと思う人もいるかもしれない。

 プロスポーツでは当面の試合に勝った方が良いに決まっているし、負ければもう2度とチャンスを貰えない選手もいる。しかし、手痛い挫折が糧になることが本当にあると分かりやすい形で示したのが、12月7日に行われたIBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦だった。

 ブルックリンのバークレイズセンターで、元IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(セレス)が2階級制覇を狙ったマーロン・タパレス(フィリピン)に11回1分9秒TKO勝ち。中盤ラウンドからペースを掴み、最後は強烈な左ストレートでダウンを奪っての鮮やかなKO勝利だった。

岩佐がタパレスに完勝した意味。



「自分の100%を出せたかどうかは別にして、このリングで白黒をはっきりさせて、倒せて勝てたというのは、ボクシング人生の中でも一番嬉しかったですね。それぐらい嬉しかったです」

 会心の戴冠劇のあと、リングを降りた29歳の岩佐は笑みが抑えきれない様子だった。実際に暫定ながら王座に返り咲いたというだけでなく、プレミアケーブル局のShowtimeで全米生中継された中で、アメリカでも実績のあるタパレスに好内容で完勝した意味は大きい。目標とするWBA、IBF同級王者ダニエル・ローマン(アメリカ)との対戦に大きく前進し、再び米リングに呼ばれる可能性も十分にあるはずだ。

 ここまでのキャリアを振り返ると、岩佐はプロデビュー直後にかけられていた期待に応えられていたとは言い難かった。
「最後のチャンス」を掴んだ岩佐。

 2015年、英国のブリストルで行われたIBF世界バンタム級暫定王座決定戦ではリー・ハスキンス(英国)に6回2分10秒TKOで惨敗。2017年9月には小國以載(角海老宝石)との日本人対決を制してIBF世界スーパーバンタム級王者にはなったが、2度目の防衛戦でTJ・ドヘニー(アイルランド)に敗れ、王者としての存在感は生み出せなかった。

 また、不運もあって、アメリカ進出も成功してきたとは言えない。2016年11月にはコネチカット州でShowtimeのメインイベントとして挑戦者決定戦を行うはずが、対戦相手の体重超過でやむなくキャンセル。今年2月にはセサール・ファレス(メキシコ)に負傷判定勝ちでようやく米国初勝利を挙げたが、ノーテレビの試合とあって注目度は低く、試合内容でもインパクトは残せなかった。

 そんな経緯もあってか、今回のタパレス戦はShowtimeのトリプルヘッダーには組み込まれたものの、期待度が大きいとは言えなかった。岩佐が自ら「最後のチャンス」と述べた背水の一戦でも、日本から取材に訪れたメディアはゼロ。ファンも大方が“タパレス有利”と見ていたようだった。

鋭いジャブと的確なボディ。



 その予想通りに岩佐が敗れていたとすれば、通称“イーグル・アイ”のキャリアは煮え切らないままほとんど幕を閉じていたのかもしれない。

 しかし――。東海岸の新たなホットスポットとなりつつあるバークレイズセンターで、岩佐が展開したボクシングは見違えるように逞しいものだった。序盤こそタパレスのトリッキーなパンチを浴びたものの、3回以降は鋭いジャブと的確なボディ打ちで反撃。3回には頭がぶつかって相手が倒れたのがダウンと判定される幸運もあり、徐々にでも確実にペースを掴んでいった。

 8回には強烈な右フックを浴びてヒヤッとさせられるも、その後に鋭いジャブからコンビネーションパンチを連打。タパレスは顔面の腫れも激しくなり、岩佐はここで完全に主導権を握った。
世界級のサウスポーを攻略した「左」。

 この日の岩佐が素晴らしかったのは、中盤ラウンドにチャンスを迎えた後も勝負を焦らなかったことだ。

「相手の隙を時間をかけて引き出す」と、最後までバランスの良い攻防を心がけた。9、10回も相手の強打への警戒を解かず、それでいてジャブを重視してポイントは連取。11回、決着を呼び込んだ得意の左パンチも、狙い澄ましたものではなく、流れの中で飛び出したものだったという。

「あれを狙いすぎて、僕はハスキンスにカウンターを合わせられたんです。その怖さがあったんで、なかなか前半はいけなかった。タパレスが打ち終わりにカウンターを狙っていたのがわかったんで、行きづらかったんです。でも相手が疲れてきて、鈍くなってきたのはわかっていた。そこで自然と出たパンチですね」



 過去の反省を生かして放たれたこの一撃で、目の肥えたニューヨークのファンをも感嘆させ、過去3敗を喫してきた世界レベルのサウスポーをついに攻略した。

対策と努力が生んだKO劇。

 セレス小林会長いわく、サウスポー対策のカギは、打たれた時に下がるのではなく相手の懐に入ること。それでいて前のめりに詰めるのではなく、体で押し負けず、バランス良く攻めることだったという。そんな戦法を可能にするには、何より体力が必要。前回の敗戦後、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)も指導する中村正彦トレーナーの下で地道に体力強化を目指してきた。

 土俵際で迎えたタパレス戦は、これらのすべてが結実した舞台。過去の苦い経験と、その後の対策と努力が実を結び、生涯最高のKO劇は可能になった。

「ハスキンスに負けた経験があったから、(攻めに)行き過ぎなかった。(消極策が命取りになった)ドヘニー戦があったから、行かな過ぎもしなかった。プレスかけながら行くっていうのをバランスよくできた。本当に経験ですね。負けた(経験がある)から、今日は勝ったんだと思う」
間近に迫るアメリカンドリーム。

 試合後、挫折も十分に味わってきた男の言葉はシンプルだったが、心底からの実感がこもっていたため、心に響いてきた。直前キャンセルも含めれば3度目のアメリカの舞台で、ようやく大きな輝きを放つことに成功。今回の1試合で“世界レベルのサウスポー”“アメリカ”という2つの大きな壁を乗り越えた岩佐の向こうに、さらに明るい未来が開けようとしている。

「いやー、(またアメリカに)呼んでください!(笑)もうちょっとインパクトあるような試合をして、それこそローマンとやって、いいもの見せたいですよ」

 実際にアメリカでも評価を高めているWBA、IBF王者ローマンとの統一戦が行われれば、米国内でも注目されるファイトになる。

 スーパーバンタム級の近況を考えれば、実現はもう夢物語ではない。だとすれば、30歳を目前にした“イーグル・アイ”の再生ストーリーはまだ通過点。敗北を糧にして成長し、セカンドチャンスをものにした岩佐が、もっと大きな“アメリカンドリーム”を手にする日はもう間近に迫っているのかもしれない。

名球会特別枠・・・・ 松中信彦も特別枠にm(_ _)m

_nanj_short_imgs_b_1_b172bba9.jpg

名球会に特別枠が出来るって各社が伝えてますね

ぜひとも候補に挙がってほしいのが松中信彦

平成唯一の三冠王

全日本でも活躍した功労者

主タイトル
首位打者:2回
本塁打王:2回
打点王:3回
最高出塁率:3回
最多安打:1回

あの広い福岡ドームで2回も本塁打王

小久保、井口、城島
そして松中
強かったはずです
ホークス


名球会入り「特別枠」決定 古田副理事長、大谷の1000安打&100勝「価値ある」



【ホノルル(米ハワイ州)10日(日本時間11日)=西村茂展】日本プロ野球名球会の総会が当地のホテルで行われ、従来の入会資格である2000安打、200勝、250セーブのいずれも満たさない選手の入会を認める「特例枠」の創設が決議された。理事会の推薦を受けた選手が総会に諮られ、会員の4分の3以上の承認を得られれば入会が認められる。

 名球会が、大きな決断を下した。総会終了後、古田敦也副理事長は「いわゆる特例枠みたいなものをつくることに決議されました。定款を変換するということですね」と説明した。近年、投手の分業制に則した新項目に関する議論が継続して重ねられていた中、この日の総会で、欠席者による事前回答を含めて90%以上の賛成を得られ、決議された。

 「特例枠」とは、従来の入会資格の2000安打、200勝、250セーブのいずれかを満たさなくとも、功績を残した選手が、理事会の推薦を受けて総会に諮られ、会員の4分の3以上の承認を得られれば入会が認められるというものだ。

 一つの項目では測れない選手の価値を認めるものといえる。古田副理事長は、一例として、二刀流のエンゼルス・大谷翔平投手(25)に起こりうるケースを挙げた。「例えば極端なことを言いますと、大谷君が『1000安打』と『100勝』した時に、名球会としては価値がないのかというと、規約としては半分しか満たしていないわけですけど、自分の2000本よりはすごいことをやっているので、価値はある。そういうときに対応しないのか、と」と説明した。

 また、総会後の懇談の中では大谷以外にも、日米100勝、100セーブ、100ホールドを達成した前巨人・上原浩治氏や、日米905登板のヤクルト・五十嵐亮太らの名が挙がったという。これまでは各項目で一定数のクリアが条件だったため現役での入会が必然だったが、特例枠の創設で引退後の選手にも名球会入りのチャンスが生まれることになった。

 「野球界も変わってきている。そこに即した記録、2000(安打)とか200(勝)に当てはまらない人が増えてきたというのも事実だと思うんです。現役選手の励みにもなる」と古田副理事長。レジェンドの称号を、誰でも目指せる機会を設けることで、野球界の発展に寄与していく。

 ◆名球会 日本プロ野球界の底辺拡大などを目的に、1978年に創設された。参加資格を満たし、入会の意思のある昭和生まれ以降の日本プロ野球の選手または元選手によって構成されている。新たに入会した選手は入会の証しとして、「名球会ブレザー授与式」で、先輩会員から名球会ブレザーを着せてもらう。現在会員は65人(投手16、打者49)、名誉会員(故人)が8人いる。

.
報知新聞社より

親父の事故 その後・・・

car_deaigashira-jiko_11628-300x225.jpg
11月25日に親父が事故したのは書いた
加害者側です

被害者が2名いた

2名ともに良い人っぽかった

が、ひとりが
良くもなかった

事故はいかんよ・・・

相手次第では

加害者が被害者になる・・・・
プロフィール

紋次郎

Author:紋次郎
八代住宅展示場のキャラクターに
似てると言われます・・・・
ずっと前は
じゃりン子チエのテツに似てるとも・・・
どっちも存在せんじゃん(-_-)


ボクシング大好き
格闘技大好き
スポーツ大好き
すべて見るだけです(^^;)

未婚です(^^;)
ヨロシクです(^^)/

カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト

リンク
RSSフィード