FC2ブログ

イチローの盗塁

野球

魅力の一つである盗塁

イチローの盗塁について
201605160001-spnavi_2016051600001_view.jpg

記事があったからアップします

少し長いよ

イチローの盗塁哲学とは?
通算500盗塁、成功率84.1%の理由



「僕は成功率が半分とかばかな盗塁は基本的にしない。かなり確率が高いタイミングでしか行かない」
 MLB通算500盗塁を決めた4月29日(現地時間)の夜、そんな話をイチローはしたそうだ。 
 物理的にいって、二塁への盗塁の場合、投手が投球動作に入ってから捕手のミットに到達する時間と、捕手が二塁へ投げてボールが到達する時間を足したタイムよりも、自分のスピードが勝るなら盗塁は成功する。時間にして約3.3秒の攻防。モーションの早い投手で、捕手に届くまでの時間は1.1〜1.2秒。マイナーリーグでは1.3秒を切るように教えられる。1.4秒を超えるようなら、イチローがスタートを切り、成功する確率が高くなる。
 投資の神様として知られるウォーレン・バフェットの名言の中に、「いったん交わした契約は反故にできないのだから、サインをする前に考慮すべきことはすべて考慮しておきなさい」(『史上最強の投資家バフェットの教訓――逆風の時でもお金を増やす125の知恵』)というものがあるが、走者もスタートを切れば、後戻りはできない。データを冷静に分析し、成功すると確信を得た上で、スタートを切る。
 それはイチローなりの盗塁哲学ともいえ、過去500盗塁以上を決めたのはイチローが38人目だが、81.4%という高い盗塁成功率は4番目(※盗塁死の記録が正確に残っていない選手は除く)に高く、この数字は紛れもなく彼の盗塁哲学を裏付けている。


城島が語った良いランナーの条件

 さて、冒頭のコメントを目にしたとき、過去のこんな話を思い出した。ちょうどイチローがメジャー通算200盗塁をマークした2006年のことだが、その年からチームメートになった城島健司が、こんな話をしていた。
「イチローさんに限らず、良いランナーというのは自分のスタートを2つも3つも持ってます」
 スタートを切る上で必要なのはタイミングの計り方。捕手として一塁走者の動きを注視してきた城島には、イチローら良いランナーは共通してリードをしながら常に3つのタイミングを正確に分類しようとしているように映るそうだ。
 その3つのタイミングとは……。
(1)ピッチャーとキャッチャー、自分の状況によって完全にセーフなタイミング
(2)あまりスタートはよくないけど、大丈夫だろうというタイミング
(3)行ってはいけないタイミング
 イチローの場合、1番目と2番目をさらに細分化して、さらにセーフの確率が高い場合のみ、スタートを切っているように映る。このタイミングで走れば、セーフなのか、アウトなのか。イチローは06年4月29日から5月16日まで45連続盗塁成功という連続盗塁成功記録のア・リーグ記録(メジャー記録はビンス・コールマンの50回)をつくったが、このメジャー記録などその予測能力に長けているからこその結果ではないか。
 城島から見ればまた、イチローはこうした資質を持ち合わせているという。
「イチローさんっていうのは、行かない勇気を持ってます」
 どういうことか。城島はこう説明した。
「キャッチャーから見て、行かない勇気を持っている(イチローのような)ランナーは、常に合わせておきながら行かない。逆に行かれたら、もう刺せるタイミングじゃない。良いランナーは共通してそういうものを持っています」


早々と完成していた盗塁技術

イチローは、慎重にタイミングを計る。行けるタイミングでも、さらに万全を期す。これ以上はないタイミングまでじっと待つ。リスクが限りなく低くなったところで、スタートを切る。必然、成功の確率が高くなる。対照的に行く勇気しか持っていないランナーは、「意外と盗塁のアウトも多いですし、けん制のアウトも非常に多いと思う」そうだ。
 おそらくイチローがすべて単独で走っていたなら、盗塁成功率90%は確実に超えているのではないか。ところがイチローの場合、必ずしもそうはいかない。走って欲しい場面、例えば得点圏に進んで欲しい場面などではベンチからサインも出る。その場合、少なからずリスクが生じる。約20%の失敗は、そういうところから生まれたものなのかもしれない。
 もちろん、イチローの盗塁は技術に裏打ちされた面も大きい。
 05年から07年の7月までマリナーズの監督を務めたマイク・ハーグローブがかつて、こんなことを言っていた。
「ケニー・ロフトン(ハーグローブがインディアンズの監督時代の1番打者、通算622盗塁)は、スタートのタイミングとかそういうことではなく、スピードでバッテリーをねじ伏せていた。一方、イチローには技術がある。スタートの切り方、リードの取り方、帰塁の仕方。それらすべてが洗練されたスマートなランナーだ」
 イチロー自身、過去に「僕より足の速い選手はこちらでは珍しくない」と話したこともある。それを補ったのは、先ほど触れた行かない勇気であり、高度な技術か。そしてそれは、メジャー200盗塁の時点で完成していた。あのとき、まだまだ盗塁技術は伸ばせるという意識はあるかと聞かれ、イチローは迷わず答えている。
「盗塁に関して? ないですね」

 メジャー6年目、プロキャリア15年目の初夏のことだった。


個人的に盗塁って大好きなプレー

どんどん走って
試合を面白くしてほしい

ちなみに盗塁阻止率ってのを調べてみた

1969年以降
シーズン最高盗塁阻止率(シーズン半数以上の出場捕手)
セ・リーグ記録は古田敦也(1993年)の.644
パ・リーグ記録は梨田昌孝(1979年)の.536

簡単に言えば、半分くらいの確率では次の塁に進めるのです
古田で4割くらい、梨田で5割くらい

終盤で負けている
8回、ヒットや四球でランナー1塁
できれば俊足選手を代走に送り
1球目から バリバリ走ってほしい

どうも近年の野球は盗塁が少ない

昔の名選手のデータをあげてみよう

全て球界の4番打者

まずミスター長嶋茂雄さん
通算安打2471本  ホームラン444本  盗塁190
なんと190個も盗塁しています

世界のホームラン王
王貞治さん
通算安打2786本 ホームラン868本 盗塁84
盗塁は少ないけど、この人の場合は盗塁しなくとも塁打が・・・
多すぎ(^^) 5862
日本記録です

戦後初の三冠王
野村克也さん
通算安打2901本 ホームラン657本 
なんとノムさん 117個もの盗塁を行っている
捕手であり監督であったノムさんが・・・
それだけ進塁に積極的だったことです

先般引退された最後の三冠王
松中信彦さん
通算安打1767本  ホームラン352  そして盗塁28
残念な数字です

話題の清原和博さん
無題kiyo
通算安打2122本 ホームラン525本 盗塁59
なんとも少ない盗塁の数
高校卒業してからすぐにレギュラーになった清原さん
盗塁に関しては少なすぎます

そして驚きの数字を残した名選手
張本勲さん
通算安打3085本 ホームラン504本 
盗塁が凄い319
通算安打3000本以上 300本塁打以上 300盗塁以上の選手は
この張本さん以外他にいません


長くなったけど
今の選手より、昔の選手が走ってたと思う

今回の主役イチロー選手
日本で通算199個の盗塁
アメリカで500個
日米で盗塁王1回ずつ
もっともっと走ってもおかしくないと思っていましたが
本文の最後の方に書いてあるコメント
メジャー200盗塁の時点で完成していた。あのとき、まだまだ盗塁技術は伸ばせるという意識はあるかと聞かれ、イチローは迷わず答えている。
「盗塁に関して? ないですね」
とのコメント
42歳になった今となったら無理かもしれないけど
極端な話、世界の盗塁王 福本豊さんに匹敵するような
数字を残したと思うんだよな
その気があればね

でも、走塁法も変えたくらいだから

うーん
名選手 2つは追わないんですね


もったいない



そんな感じです
スポンサーサイト



テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

来年は使えるぞ♪

1463457995208.jpg

小さな鯉のぼり

先輩がもらわれました

来年は使えるぞ♪




そんな感じです

容赦なし(-.-)



アパートに持ってきた目覚まし時計

音でかい(^_^;)。

容赦なし

必ず起こされます(^_^;)。






そんな感じです(^_^;)
プロフィール

紋次郎

Author:紋次郎
八代住宅展示場のキャラクターに
似てると言われます・・・・
ずっと前は
じゃりン子チエのテツに似てるとも・・・
どっちも存在せんじゃん(-_-)


ボクシング大好き
格闘技大好き
スポーツ大好き
すべて見るだけです(^^;)

未婚です(^^;)
ヨロシクです(^^)/

カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト

リンク
RSSフィード