FC2ブログ

山下泰裕

史上最強と言われる木村政彦

そして山下泰裕

僕らの世代は木村先生の活躍は知らない
僕自身は著書を読んだり
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
など木村先生を描いた図書を読んだりして
世代の中では活躍を知ってる方であろう

木村先生と山下先生
共通点がある
どちらも熊本県出身の柔道家である


なんだか嬉しいものである

ずっと前に
山下先生の攻撃パターンについて
ご自身がテレビで解説されてた
シンプルだけど理にかなった攻撃パターン


柔道6段の親父と見てたんだけど
外国の柔道家も見てるんだから
そんな奥深く開設するのやめてくれー
って思ったよ(^^;)

さて、その山下先生
35年前の本日6月17日に
引退会見されたそうだ

もう木村先生、山下先生のような
最強の柔道家は出てこないね

まぁ「柔道」と「JUDO」は違う
僕自身は思ってるけどね

20200617-06160085-sph-000-1-view.jpg



スポーツ報知より

【1985年の6月17日】史上最強の柔道王・山下泰裕が28歳で現役引退 203連勝の不敗記録を残し畳を下りる

1985年6月17日は柔道の山下泰裕(現・日本オリンピック委員会会長、全日本柔道連盟会長)が現役引退を表明した日だった。古今東西において、まさしく「史上最強」と呼ぶにふさわしいレジェンドだ。

 世界選手権を4度制覇し、日本が参加をボイコットした東西冷戦下の80年モスクワ五輪での幻の代表を乗り越え、84年ロサンゼルス五輪の無差別級で金メダルを獲得した。

 1977年10月の日本―ソ連・親善試合から1985年4月の全日本選手権優勝を最後に引退するまでの約7年6か月で、7度の引き分けを含む203連勝(19年に柔道最多連勝のギネス記録認定)。また、対外国人選手には生涯無敗(116勝無敗3分け)。いずれもいまだにだれにも破られていない大記録を打ち立てた無敵の王者だった。

 ロス五輪後の84年10月には史上5人目の国民栄誉賞受賞。スポーツ選手としては77年9月に同賞初受賞のプロ野球・王貞治以来、2人目の偉業となった。

 現役時代の思い出の試合は3つある。初めて日本一になった全日本選手権。ロサンゼルス五輪。現役最後の全日本選手権決勝(対・斉藤仁)だった。

 現役引退を発表した当時のことを後に、山下氏は「すごい気が楽になった。ちょんと飛び上がったら3メートルぐらい上がりそうなくらい」と振り返っている。また、203連勝の秘けつについては「過去を振り返らなかったから」と山下氏。偉大な連勝記録を「登山」とも例えた。「自分が登ってきた道を振り返ったら『こんなに頑張ったのか』とびっくりした。理想の山の頂点を目指してやってきて、『こんなもんじゃいかん』と繰り返し頑張ってきた結果が203連勝、全日本選手権9連覇、五輪優勝でした」。

 ロス五輪でも苦しめられた軸足の右脚のけがが完治せず、不敗記録が途切れぬまま28歳の若さで引退を決断した山下氏。現役時代は身長180センチ、体重128キロの巨体で100メートルを13秒台で走る運動能力があった。左の組み手から相手を崩し、連絡技と寝技での合わせ一本を得意にし、寝技はいまでも「最強」と呼ぶ声も多い。

 【山下泰裕の大記録】

 ▼通算成績 528勝16敗15分け。主な対戦選手で負けたのは、上村春樹(4敗)、遠藤純男(4敗)、二宮和弘(2敗)、高木長之助(1敗)。

 ▼203連勝 1977年10月の日本―ソ連・親善試合から1985年4月の全日本選手権優勝(9連覇)を最後に引退するまでの約7年6か月で、7度の引き分けを含む203連勝。そのうちの164勝が一本勝ちだった。19年に柔道では最多連勝のギネス記録として認定された。

 ▼対外国人選手生涯無敗

 116勝無敗3分け。引き分けは、76年モントリール五輪重量級金メダルのセルゲイ・ノビコフ(ソ連)に2度、75年ウィーン世界選手権93キロ級覇者のジャンリュック・ルージェ(フランス)の1度。

 ▼全日本選手権V9

 1977年に史上最年少の19歳で初優勝し、引退する1985年まで9連覇を達成。最後の相手は決勝で下した斉藤仁(故人)。斉藤は山下の後継者として88年ソウル五輪で金メダルを獲得した。

 ◆山下泰裕(やました・やすひろ)1957年6月1日、熊本・上益城郡生まれ。63歳。東海大卒。男子日本代表監督などを経て、2017年6月から全日本柔道連盟会長。国際柔道連盟理事や日本オリンピック委員会(JOC)選手強化本部長などを歴任後、19年に日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任。
スポンサーサイト



高山勝成

a69b892bb7fffca8d034380bfb4ffdaaac961574_xlarge.jpg

高山勝成
この人、いったい何本の世界チャンピオンベルト持ってるの?(^^;)

凄いよね

WBA
WBC
IBFは2本
WBOも2本

なんと6本のベルトを栄冠下ボクサー

復帰いきなり世界戦のチャンス

僕は応援してます

報知新聞より


アマ転向、東京五輪予選挑戦を経てプロに復帰した元主要4団体世界ミニマム級(47・6キロ以下)王者でWBA世界同級10位・高山勝成(37)=寝屋川石田=に、同級スーパー王者のノックアウト・CPフレッシュマート(29)=タイ=の陣営から世界戦の対戦オファーが届いていることが13日、分かった。

 複数の関係者によると、両陣営は現在、新型コロナウイルス収束後の大阪開催を軸に条件面などを交渉中。3月にプロライセンスを再取得した高山は、WBAから過去の実績が評価されたとみられ、プロ復帰戦を待たず世界ランキング入り。復帰戦がいきなり世界戦となる可能性が高くなった。

 今後の目標はライトフライ級(48・9キロ以下)での世界2階級制覇を基本線とする高山だが、決して悪くないオファーだ。かつて日本人で初めてのWBC、WBO、IBFなど同一階級の4団体王座制覇をミニマム級で達成。WBAだけが暫定王座だったため、今春のプロ復帰の際「WBAミニマムの正規王座も標的。体重は落とせる」と語っていた。8度防衛中のノックアウトは同じ右構えで21勝(7KO)とプロ無敗。対戦が実現すれば、キャリアで上回る高山が16年8月以来のプロのリングで現役王者をどう裁くかが見どころだ。

 高山は12日に国内ボクサーの定年37歳となったが、元王者の実績および新型コロナの影響で試合ができない現状を考慮され、日本ボクシングコミッションから定年延長を認められており、プロライセンスは有効。現在はジムワークを自粛し、個人練習に励む。プロ第2章は、いきなりの大舞台で幕を開けることになりそうだ。

 ◆高山 勝成(たかやま・かつなり)1983年5月12日、大阪市生まれ。37歳。2000年10月、17歳でプロデビュー。05年4月、21歳でWBC世界ミニマム級王座奪取。以後WBA暫定、IBF、WBO同級王座を獲得し、日本人初の世界4団体制覇。17年4月、33歳で名古屋産大入学と同時にアマ転向。18年10月、アマ選手登録。東京五輪出場は逃し、20年3月、プロライセンス再取得。通算成績はプロ31勝(12KO)8敗1無効試合、アマ2勝1敗。身長158センチ、右ボクサーファイター。家族は両親、兄、弟。

 ◆世界戦で復帰した近年の主な国内ジム所属の元世界王者

 ▼畑山隆則(横浜光) 2000年6月、WBAスーパーフェザー級王座陥落から1年ぶり復帰戦でWBAライト級王者・セラノ(ベネズエラ)に8回KO勝ちし2階級制覇

 ▼新井田豊(横浜光) 03年7月、引退を撤回しての1年11か月ぶり復帰戦でWBAミニマム級王者・アランブレット(ベネズエラ)に判定負け

 ▼徳山昌守(金沢) 05年7月、WBCスーパーフライ級王座陥落から1年1か月ぶり復帰戦で川嶋勝重(大橋)に判定勝ちし雪辱、王座奪還

 ▼長谷川穂積(真正) 10年11月、WBCバンタム級王座陥落から7か月ぶり復帰戦で同フェザー級王座決定戦出場。ブルゴス(メキシコ)に判定勝ちし2階級制覇

 ▼村田諒太(帝拳) 19年7月、WBAミドル級王座陥落から9か月ぶり復帰戦でロブ・ブラント(米国)に2回TKO勝ちし雪辱、王座奪還


報知新聞社

Full-Count阪神ファンが選んだベストナイン

8352b562a9b49799cc2bead683d439c5.jpg
おもしろい記事だ

Full-Count編集部

【阪神ベストナイン】
先発 江夏豊
救援 藤川球児
捕手 矢野燿大
一塁手 バース
二塁手 岡田彰布
三塁手 掛布雅之
遊撃手 鳥谷敬
左翼手 金本知憲
中堅手 赤星憲広
右翼手 真弓明信
代打 桧山進次郎
監督 星野仙一

【打順を勝手に組んでみた】
1(遊)鳥谷敬
2(中)赤星憲広
3(一)バース
4(三)掛布雅之
5(二)岡田彰布
6(左)金本知憲
7(右)真弓明信
8(捕)矢野燿大
9(投)江夏豊



個人的には中堅に新庄も面白い
捕手には田淵
遊撃手に悲運の藤本敦士を控えに
代打は川藤さんを2番手に(^^)
先発の2番手にメッセンジャーはどうだ!♬

絶対に日本一になるメンバーが揃った(^^)/

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

野木丈司さんににボクシングジム開設してほしくありませんか?

野木丈司さんににボクシングジム開設してほしくありませんか?

比嘉選手が、白井具志堅事務との契約を解除したそうで
もともと、比嘉選手は、具志堅会長の現役時代のVTRを観て
ボクシングを始めたそうで、
それから比嘉選手と、具志堅会長の仲は良かったみたいですが、
やっぱり階級を上げたい比嘉選手と
フライ級で試合をさせたかった具志堅会長の
仲がギクシャクしたんだろうと大方の予想の通り
僕も感じているのですが・・・

そして、白井具志堅事務はトレーナーである野木丈司さんを解雇した
それはもう、比嘉選手のモチベーションは保たれないでしょうね
選手とトレーナーは一心同体って言いますもんね


古くは内藤大助選手なんかも、違うジムながら指導してた
今は(去就が注目される)八重樫選手も指導している
ほかにも多くのボクサーや格闘家が指導を受けている
かなりの人物でもあるんですね

で、少し前から思っていたことが
野木丈司さんににボクシングジム開設してほしくありませんか?
マッチメイクは違う人に任せても
ジム開くことに意義があると思う



琉球新報社より

比嘉大吾が白井・具志堅スポーツジムと契約解除 引退はせず



界ボクシング評議会(WBC)の元フライ級王者の比嘉大吾(24)が、11日付けで所属していた白井・具志堅スポーツジムとの契約を解除したことが12日、関係者の話で分かった。待遇のほか、練習や試合に臨む体制などで折り合いがつかなかったという。引退はせず、新たな環境を探す予定。


 比嘉は宮古工業高校卒業後、2014年に白井・具志堅ジムに所属した。17年5月、WBCフライ級王者に君臨すると、同年10月と、18年2月の防衛戦で挑戦者を返り討ちにした。デビュー以来、15戦15勝15KOの快進撃を見せたが、3度目の防衛戦で計量に失敗し王座を剝奪され、プロ初の黒星を喫した。その後、日本ボクシングコミッションから無期限停止処分を受けたが19年10月に解除され、20年2月には復帰戦で勝利していた。しかし、試合後には「モチベーションが上がらなければボクシングを辞める」などと、変化の糸口を探るようなコメントをしていた。

鳥谷敬 ロッテへ

DFV8crEUIAAtGHE.jpg
阪神ファンになって30年弱

この鳥谷敬ほどチームを牽引した人物はいない

って正確には投手は藤川球児

打者は鳥谷敬ってところか!!!

藤川球児にも鳥谷敬にも与えてほしい称号が

ミスタータイガース

この称号にふさわしい2人である

俺はそう思っている

が、阪神タイガースは鳥谷敬を切った

愕然とした

すぐに他の11球団から強いオファーがあるものと信じていた

が、そう簡単にいかないのがプロ野球

井口監督のロッテが獲得したって記事があった

正確には明日正式発表されるらしい

俺にとって充分に資格はあるのに

ミスタータイガースになれなかった男

鳥谷敬

ロッテでの活躍

それも大活躍を期待している
プロフィール

紋次郎

Author:紋次郎
八代住宅展示場のキャラクターに
似てると言われます・・・・
ずっと前は
じゃりン子チエのテツに似てるとも・・・
どっちも存在せんじゃん(-_-)


ボクシング大好き
格闘技大好き
スポーツ大好き
すべて見るだけです(^^;)

未婚です(^^;)
ヨロシクです(^^)/

カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト

リンク
RSSフィード