FC2ブログ

Facebook

hosaka181126-top-thumb-720xauto-146715.jpg
今日は朝からFacebookの調子が悪い

どうやらパソコンでは全く開くことも出来ない

スマホは開くけどコメントとか出来ない

なんでだろう・・・・
スポンサーサイト

テーマ:不具合 - ジャンル:コンピュータ

期待されたボクサー橋詰知明選手 ボクサーが事件おこすと取り扱いが大きい 駄目だよ・・・・

que-13203704343.jpg
橋詰知明って元プロボクサーが
カラオケのリモコンで元力士を殴って死亡させ逮捕された

橋詰知明容疑者
ボクシングモバイルで見たところ・・・
プロ戦績 19戦14勝3敗2分
14勝のうち7つのKOがあるみたい
実にKO率は50%
期待されていたボクサーだったらしいですね
それもそのはず西日本新人王でMVP
スーパーフライ級からフェザー級で戦っていたみたいです
適正体重をはかっていたのかな?
5キロくらい差があるからね・・・

画はネットから拝借
17歳でデビューしたときには左肩に入れ墨が入っていたらしく
ちょっと ヤンチャくんだったみたい

殺人だから実刑は間違いなく
きちんと更正して欲しい


亡くなられた元力士・浅田さんは
幕下まで行き、将来を期待された力士で
怪我で引退したらしく

リモコンで殴られたのも
喧嘩を止めに入った正義感の強い人物らしく
本当にご冥福をお祈りしたいです

新井浩文

2062265_201511130584979001447393616c.jpg

俳優の新井浩文氏が逮捕された

恥ずかしい罪名の逮捕


img_2241203114a861956e2bf466605f1160517648.jpg

おれ、野球の新井貴浩さんって思ってしまったよ

名前が似てるしね(^_^;)

突発的にそう思った人多いと思うよ(^_^;)

さて、うらやましいと言えば
本当に うらやましい

新井浩文氏
共演者 かなり食ってるって(^^)

でも
マッサージ店で あんなことしちゃ駄目だ


共演者食い「新井浩文」に陥落した二階堂ふみ、夏帆、池脇千鶴…

 2月1日、俳優の新井浩文こと朴慶培容疑者(40)が逮捕された。2018年7月1日の午前2時ごろ、東京・世田谷区内の自宅マンションを訪れた派遣型マッサージ店の女性に対し、頭を押さえつけるなどしたうえで乱暴した、強制性交の疑いだ。
性的なサービスをする店ではなく、新井容疑者は初めて利用する際に「性的なサービスは禁止」と書かれた文書にサインしていたという。被害女性とは、この日が初対面で、女性は彼が俳優だと知らなかった。

「新井容疑者は何度も示談を持ちかけたが、女性は彼を許せず、警察に『なんとしても逮捕してください』とお願いしていた」(社会部記者)

 新井容疑者は、北野武監督の映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)などで活躍。悪役の似合う演技派俳優だ。

「新井さんは、飲む、打つ、買うを全部する人。撮影のとき以外は、毎日のように飲んでいる。女性に手を出すのも早い。以前いた大手事務所は生活態度に手を焼き、結局、彼は現在の事務所に移ることになった」

 新井容疑者を知る映画関係者は、そう話す。評判どおり、若いころから共演女優と浮き名を流してきた。本誌が池脇千鶴(37)との交際を報じたのは、2004年のことだ。

「その2年前にドラマで共演している。『ダメ男が好き』という池脇は芸人の恋人と別れたばかりで、そこを新井が口説いた」(芸能関係者)

 その後は、坂本龍一の長女で歌手の坂本美雨(38)や、女優の二階堂ふみ(24)と交際。二階堂は16歳年下で、交際発覚当時まだ18歳だった。さらに2016年には夏帆(27)との交際報道があった。

「共演者食いで知られ、悪いタイプの男が好きな女優が、彼の手に落ちた。だが最近は、女優の事務所に警戒されてしまい、もっぱらホステスを口説いていた。

 そこでは『俺、仕事、俳優部やってるんだけど』というのが決まり文句。自分から職業を明かしていた。知り合いがDJをしているクラブに踊りに行って、素人をナンパしていることもあった」(前出の映画関係者)

本誌は2008年、友人と合コンをする新井容疑者の姿を目撃している。

「男性は3人で、女性は4、5人いました。みんな、OL風のファッションをした、素人の女性たちです。深夜2時まで、渋谷の大型カラオケ店で歌っていました」(カラオケ店で目撃した人)

 ふだんは強面だが、それも彼の口説きの手口だという。

「服装も、派手な柄モノのシャツを着ていたりする。でも話すと『あそこのラーメン屋うまいですよね』とか気さく。そのギャップを利用して、女性を漁っていた」(芸能プロ関係者)

 一方で、20代のときには花見の飲みくらべで一升瓶を飲みほしたという新井容疑者は、酔うとオラオラ系になることでも知られていた。

「深酒すると目が据わってしまい、言葉遣いが乱暴になって、下ネタを連発する。そうした面が出るから、女性と長続きしなかった」(同前)

 事件のときも、新井容疑者は酒に酔っていたという。だがもちろんそれは、女性を力ずくで思うままにしたことへの、言い訳にはならない。

 被害女性は事件発生直後の午前4時過ぎに、近くの警察署を訪れている。

「女性は8月に、世田谷署に正式に被害届を出した。秋には記者クラブ内で『新井浩文が逮捕されそうだ』と噂になっていた。

 実話誌『実話ナックルズ』が12月号、2019年3月号で『俳優A 疑惑のエステ嬢強姦事件』を報じ、記事では女性の関係者も証言している。俳優は匿名になっているが、これが新井容疑者のことだった」(前出の社会部記者)

 2月1日現在、新井容疑者は容疑を大筋で認めているが、「頭を押さえつけてはいない」と供述しているという。悪役を演じるのは、スクリーンの中だけにしてほしかった。


(週刊FLASH 2019年2月19日号)

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能

『ボヘミアン・ラプソディ』 大ヒットらしいね



film181219-bohemianrhapsody-.jpg

僕も観に行ったわけですが・・・・

僕は世代と少し離れているし

そう洋楽は聴いてこなかったし

それでも面白かったモンね♪

面白い記事を見つけたんで載せます

日経かな?


『ボヘミアン・ラプソディ』 大ヒット生んだ常識破り

1970~80年代に活躍した伝説のロックバンド・クイーン。そのリードボーカル、フレディ・マーキュリーの激動の半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の快進撃が止まらない。2018年11月の公開から3カ月近くなってなお、興行収入は右肩上がりが続いており、年をまたいだロングランヒットに。1月28日までの累計動員は760万人、興収は105億円を突破。18年の興行ランキング1位になった。

「ロック映画は当たらない」という業界の定説をすっかり覆した格好の『ボヘミアン・ラプソディ』。どうしてここまでの大ヒットになったのか。探っていくと、宣伝戦略と作品のポテンシャルにまつわるいくつかの“非常識”が浮かび上がってきた。

成功要因としてまず挙げられるのが口コミでの拡散だ。と言うと、戦略をあまり感じられないかもしれないが、宣伝ターゲットとして最初に合わせた照準がヒットの起爆剤として大きな役割を果たしている。配給会社が取りに行ったのは、クイーンのファン。当たり前のように思えるが、実はこれ、宣伝ターゲットとしては“そんなに狙わない層”と言われている。20世紀フォックス映画・星野有香マーケティング本部長はこう説明する。

「どのジャンルにも言えることですが、ファンの方はどのみち見てくれるので、宣伝する際は“その周辺”を狙うのが常識。でも『ボヘミアン・ラプソディ』の場合、いつもの方法論でいくと、ファンを狙ったときより興行収入が低くなるというリサーチ結果が出たんです。普通は逆なので、耳を疑いました」(星野氏、以下同)

これはクイーンのファン構造によるところが大きい。核にいるのは50代男性。ここを中心としたいわゆるゴリゴリのコアファン以外に「クイーンの曲を知っている」「クイーンが好き」という、少し下の世代やライトな女性ファンの比率がかなり高いことだ。予告編を見せたところ、ライト層もコアファンに引けを取らない強い反応だったことから、マーケティングチームは『ボヘミアン・ラプソディ』に対するクイーンファン全体の意欲度はかなり高いと確信。彼らをロックオンし、動き出した。
■素晴らしい音楽がたくさんある映画
「プロモーションの第一段階は、素晴らしい音楽がたくさんある映画であることを打ち出しました。クイーンの曲を知っている人に向けて。『クイーン楽曲総選挙』をSNSで募集してランキングを発表したり、カラオケに『クイーンルーム』を作ったり。NHK‐FMで『今日は一日“クイーン”三昧』という10時間特番を組んでいただくなど、ラジオでの展開も積極的に実施しました」(同)

ちなみに公開前のマスコミ試写では作品に対する評価こそ高かったものの、成否については半々くらいの意見だったそうだ。不発予想の多くは「だってロック映画でしょ」。08年公開のザ・ローリング・ストーンズの映画(※1)が3億円前後の興収だったことを考えると無理もないが、「それでもいける」と星野氏を思わせたのは、15年前のこんな記憶もあった。

「04年に『プライド』という木村拓哉さん主演のドラマがあり、劇中でクイーンの曲が多数使われました。この時に出た『Jewels』というアルバムが180万枚売れている。ドラマは25%を超える視聴率を取っていましたから(※2)、ここでクイーンを知った人も相当数いるはず」(同)

(※1)『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』。アカデミー賞監督であるマーティン・スコセッシが撮った音楽ドキュメンタリー。 (※2)関東地区での平均視聴率は25.2%、最高視聴率28.8%。木村拓哉ふんするアイスホッケー選手が主人公の連続ドラマで、フジテレビ月曜21時枠で放送された。主題歌の『I Was Born To Love You』はじめ、多数の曲が劇中に使用されており、今回の映画のタイトルにもなった楽曲『ボヘミアン ・ラプソディ』も最終回に登場。

とはいえ、映画の本質はやはり「ストーリー」。それについては、音楽のアプローチがひと区切りしたタイミングを狙って切り替えた。「公開が近づいたタイミングで、この映画には感動の物語があることを出していきました。あなたがいいと思っていた曲には、こんな意味があるのだと」(同)

公開後はファンの評判が上下の世代に広がっていき、結果的に男女問わず10代から80代までが劇場を訪れる映画に。SNSなどでは、クイーンを知らなかったであろう、若い世代が感動に打ち震えている様子に遭遇することも多い。時間がたつにつれ、親子での鑑賞も増加。劇中で描かれているフレディの孤独感――セクシャリティーや容姿、国籍などに対する偏見や差別――が、多様性を重んじる今だからこそ、様々な世代に深く刺さったと言える。

星野氏によると、2回以上この映画を見た人は4割を超えるという。そんなリピーターを増やしているのがIMAXやドルビーアトモス、4D、ScreenXなど、ハイスペックな劇場の存在だ。

なかでも関係者を驚かせたのは、公開4週目になって、こうした特殊シアターが『ボヘミアン・ラプソディ』の上映を再開したこと。公開から2週間で興収の8割を稼ぐと言われる映画業界では、3週目以降は席数が減り、ハイスペックなスクリーンは公開直後の話題作に変わるというのが相場。『ボヘミアン・ラプソディ』に関して言えば、3週目に『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開があったため、この週から客足も落ちていくだろうと誰もが思っていた。

しかしフタを開けてみたら前週対比102%を記録。その翌週である4週目には特殊シアターが続々戻ってくる事態となり、この週に公開以来最高の単日興収2.6億円を記録した。

映画館別興収ランキングでは、TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ六本木ヒルズなど、都心のシネコンが上位に並んでいるが、ここでも珍しい現象が起きている。「上位3館に続くのが立川のシネマシティ。ここでは極上音響上映を通常料金で見られるのもあって、リピーターの方がわざわざ選んで行っていると思われます」(同)

応援上映も通常より10倍近い多さで、11月29日時点で実施しているのは全国116スクリーン。加えて、普段なら売れ残ることが多い前方の座席がよく売れるのも特徴だという。「ライブをかぶりつきで見る感覚。映画が体験化している」(同)。
■次々と新たな話題が生まれ、人気が拡散
最後に、『ボヘミアン・ラプソディ』の日本公開はカレンダーの上でいくつもの奇遇があったことも記しておきたい。それは客足が落ちるはずだった「3週目」から起きていた。

3週目の週末はフレディ・マーキュリーの命日(11月24日。フレディは91年にエイズで死去)。4週目の週末は「映画の日」と「世界エイズデー」(12月1日)。5週目には、ゴールデングローブ賞の作品賞と主演男優賞にノミネート(12月6日)。その度に様々な角度でこの映画が取り上げられ、話題になった相乗効果もあるだろう。

配給元には取材依頼が後を絶たないそうだが、公開前は俳優を個別に取り上げてくれるテレビも2、3番組程度で、プロモーションは苦戦していたという。そんななか、最初はラジオが自発的に盛り上がっていたという事実も、どこかクイーンの軌跡と重り合う。

この状況は年が明けても続いている。1月6日にはゴールデングローブ賞の作品賞を受賞したほか、主演のラミ・マレックが男優賞に(共にドラマ部門)。2月24日に発表されるアカデミー賞は5部門の候補(日本時間25日)。喝采の輪は、きっとまだまだ大きくなる。

『ボヘミアン・ラプソディ』常識を打ち破り世界を変えたロッカーの物語ロックバンド・クイーンの誕生からライブ・エイドでの伝説的パフォーマンスまで、リードボーカル・フレディが送った激動の半生を28の名曲と共に描いた感動物語。フレディ役のラミ・マレックをはじめ、本人生き写しのキャストも話題に。実際のメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーは音楽総指揮として参加している。プロデュースは世界的ボクサーのモハメド・アリをはじめとする実在著名人を描いた作品に定評のあるグラハム・キング。監督は『ユージュアル・サスペクツ』、『Xメン』シリーズのブライアン・シンガー。日本公開2018年11月9日。サウンドトラックの出荷枚数は41万枚(2019年1月21日付オリコンアルバムランキング)。

(ライター 木村尚恵)

[日経エンタテインメント! 2019年2月号の記事を再構成]

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

カイ・シデン 

機動戦士ガンダム

Zから以降は知らんので

ガンダム1とか呼ぶ人もいるかな

さて、このシーンを
おぼえている人いるかな?
t3-03-05.jpg

カイの意識改革になった事件ですね

テーマ:機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

紋次郎

Author:紋次郎
八代住宅展示場のキャラクターに
似てると言われます・・・・
ずっと前は
じゃりン子チエのテツに似てるとも・・・
どっちも存在せんじゃん(-_-)


ボクシング大好き
格闘技大好き
スポーツ大好き
すべて見るだけです(^^;)

未婚です(^^;)
ヨロシクです(^^)/

カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
アフィリエイト

リンク
RSSフィード